MENU

にきび跡がクレーターになった時

にきび跡がクレーターになった時は、どんな治療の仕方がいいものなのでしょう。クレーター状のへこみは目に付きやすく、メイクでも隠しづらいので、治療したい人は大勢います。色々とスキンケアをしているけれど、なかなか改善しないと悩んでいる方もいるはずです。にきび跡がクレーターになってしまう原因は、にきびが炎症をおこした後に体内の白血球が皮膚組織を傷つけてしまうことです。本来なら、新しい皮膚細胞をつくって皮膚を修復するべきところを、新たな皮膚ができない状態になってしまうのです。にきびができてしまうと、つい気になって手で触ってしまう人もいますが、炎症を起こす原因になるので注意しましょう。にきびを潰したり、触りすぎてしまうと、一層にきびが化膿してしまうので、注意しましょう。小さなにきびのうちなら、お肌の新陳代謝を促すことで、にきび跡のクレーターを小さくすることが可能になります。普通のにきびの治療と同じように、バランスの良い食事を心がけ質の良い睡眠をとることによって肌のターンオーバー効果は高まります。肌にあまり刺激を与えない、ピーリング効果の高い化粧水でしっかりと保湿をしましょう。にきびによる肌のダメージが真皮層にまだ到達している場合は、家庭のケアにきび跡のクレーターを確実に治すためにも、クリニックで適切な治療を受けて、美しい肌を維持しましょう。

このページの先頭へ